TOP第8期ラブメモ+DTWork ≫ ラブメモプラス DTWork5-1

ラブメモプラス DTWork5-1

こんにちは。
ラブメモプラス第8期デザインチームの三上良子です。

いよいよ、春休みに突入した方も、多いのでしょうか~。
我が娘も、4月からは大学4年生・・・只今、就活真っ最中デス。
リクルートスーツを着て企業説明会にいく姿を見て、
いきなり大人になったように見えて、嬉しいような、でも、
ちょっぴりサビシサもアリ。
はやく・・・桜が見たいです。

さて、
今日は、DTWork5-1をご紹介させていただきます。


スポンサー企業:メモリーパレットカンパニー
毎月、提供して頂く商材で作成させていただいております。

今回の作品は、コチラです↓↓↓

1_20180326195041439.jpg 

春気分で作成しました💛

2_20180326195045c62.jpg  3_20180326195044f2e.jpg

 

今回の商材は、Blueferm Studio Homespunシリーズ。

10_20180326195413f67.jpg 

色合いがグリーン、ピンク、イエローが多い感じです。
スキャロップチップボードもついてる~~~。
これは次回の5-2で活躍してもらいます。

では、早速、作り方のポイントをご説明させていただきます。


台紙の作成・ペーパーのカット

① 台紙は、core'dinationsのカードストックペーパー
 (blue moss)を使い、ハサミでディストレスします。
  ヤスリやサンドペーパーでも、できます。

 29_20180326200604b5e.jpg

  ディストレス=ペーパー等、あえて古く見せるために手を
  加えることです。ハサミやサンドペーパー等で削ったり、
  毛羽立てせたり、シワをつけたりという方法です。

・左右端と上をハサミの刃を寝かせて
 ゴシゴシと表面を削っていきます。

 30_201803262006063af.jpg

まだらに白く出るような感じに仕上げます。

32_20180326200608789.jpg  31_201803262006060c7.jpg 

② 画像のペーパーから模様を切り抜きます。

・フレームの線に沿って、真ん中を切り抜きます。

 11_20180326195417a65.jpg  12_20180326195416c89.jpg 


・画像のペーパーから、ティーポットとティカップの絵柄を
 切り出します。

15_20180326195421645.jpg   

中央(ピンクの部分)から、7"×9"をカットします。

16_20180326202318633.jpg

使用するのは、ピンクの裏面になります。
裏面は、甘さ控えめのグリーン色。

17_201803262023209cf.jpg 

・画像のペーパーから、レース模様に合わせて、
 ハサミでカットします。

13_20180326195417624.jpg  14_20180326202315998.jpg

下から、2.5インチをカットします。

14-1_20180326202317263.jpg 

・ 画像のペーパーから、お花、中央の薄グリーンを
 カットします。

 17-5_2018032620232428d.jpg 17-6_20180326202326733.jpg

・画像のペーパーから、文字を切り抜きます。

17-3_20180326202321359.jpg  17-4_201803262023237ae.jpg

ドイリーとWoodを着色

〈ドイリーbonbon〉    〈Wood mini flourishes〉


19_201803262051517f0.jpg  18_20180326205150998.jpg



使用する着色剤は、RangerのTaenished Brass。
発色がすごくキレイです!
よく、振ってから使用しましょう。

20_2018032620515367d.jpg 

・パレットや着色用マットの上に、ワンプッシュします。
 ポンポンとスポンジになじませます。

23_2018032620515684a.jpg  24_20180326205159478.jpg

ドイリーのフチをポンポンと色を付けていきます。
元の茶色も所々残しています。

25_20180326205159d6e.jpg  26_20180326205200e82.jpg

Woodには全体的に色を付けています。

27_201803262052038fb.jpg  28_201803262052034bf.jpg 

パールの光沢がすごくキレイに出ます。
これで、使用するパーツは、揃いました~~。

 配置をしていきます


① 台紙にペーパーを配置します。

33_20180326210614259.jpg 

② フレーム柄とレース絵柄を貼ります。

34_2018032621061626a.jpg 

③ 写真にマットを付け、花絵柄を貼ります。
  ティポット、コーヒーカップの絵柄は、フレームに
  差し込みながら貼ります。

36_201803262106168f3.jpg 

④ 写真2枚にマットを付け、貼ります。
  ドイリー2枚も、中央写真の左上・右下に差し込みます。

37_20180326210619240.jpg 

38_20180326210621903.jpg 

⑤ 写真の左下・右上に接着剤でWoodを付けます。

 40_20180326210622af8.jpg 

⑥ タイトル・ビティバックのフラワーを付けます。

3_20180326195044f2e.jpg 


これで、完成です。
Wood mini flourishesを付けると、
エレガントさが増してきますネ。
RangerのTaenished Brassも、まだまだ使える
用途はたくさん、ありそうですよ~~。

1_20180326195041439.jpg 

Woodはやっぱり素敵!

2_20180326195045c62.jpg   4_20180326195044d4c.jpg
 
 
今回の商材はこちらです。

Blueferm Studio Homespun

BF-830488 Homespun - Crafty   パターンペーパー
BF-830785 Homespun - Tea Time  パターンペーパー
BF-830983 Home Sweet Home   パターンペーパー
BF-830884 Hospitality       パターンペーパー
BF-830587 Homespun - Homemade  パターンペーパー

Ranger
RG-TSS42549 Tarnished Brass

《ラブメモ+第8期DT》

Mikayoさんのブログ→
Scrap Station TIARA☆
Chiakiさんのブログ→
and Photo -アンドフォト-





最後まで、ご覧いただきまして、
本当にありがとうございました♡

 





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL